中華料理レシピ > 緑豆沙(ルイイトウシャー)・・・緑豆のお汁粉

緑豆沙(ルイイトウシャー)・・・緑豆のお汁粉

緑豆沙(ルイイトウシャー)・・・緑豆のお汁粉

日本でお馴染みの「お汁粉」(または「ぜんざい」)は、小豆を使ってつくりますよね。日本の「お汁粉」の原点となったのが、これ!  緑豆沙(ルイイトウシャー)・・・緑豆のお汁粉・・・です。緑豆は、小豆の一種で、緑豆もやしやはるさめの原料としてご存知の方もいらっしゃるのでは?

とろりとなめらかな口当たりの秘訣は、お米の粘りを活用することです。温かくても、冷やしてもおいしいデザートです。

◆材料(4人分)
・緑豆・・・200g
・水・・・5リットル
・砂糖・・・360g
・米・・・50g

〈白玉団子〉
・白玉粉・・・100g
・水・・・1/2カップ

◆つくり方
〈白玉団子〉
1.大き目のボールに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えながらこねます。直径1.5cmの棒状にしてから、端から1.5cmずる切って、丸めます。
2.たっぷりの沸騰した湯に入れてゆでます。浮き上がってきたら水にとり、冷やして水を切ります。

〈緑豆沙〉
1.米は水でよく洗い、ざるにあげて水気を切ります。
2.清潔なさらし布巾に1を入れ、口元を絞ります。
3.緑豆はきれいに水洗いし、たっぷりの水を加えて火にかけます。沸騰したらざるにあげて湯を捨てます。
★コツ!
湯でこぼし(一回ゆでてそのゆで汁を捨てる)のは、豆のアクを除くためです。

4.3の緑豆を大きな深鍋に分量の水と砂糖といっしょにいれます。2の米の袋を浸し、火にかけます。
★コツ!
袋が沈んで行方不明になってしまわないよう、口を絞った紐を鍋の取っ手などにくくりつけておくといいですね。火が燃え移らないよう要注意!

5.4がぐつぐつと煮立ってきたら、火を弱め、木じゃくしで静かに混ぜながら、全体が柔らかくなるまで煮ます・・・2時間ぐらいです。

6.熱々をいただくときはここで白玉団子をのせて、器に盛ります。冷たくしていただくときは、冷やしてから、食べるときに白玉団子を加えます。

中華料理レシピ

リンク

RSS ATOM